ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立建設設計

土壌汚染と企業リスク

土壌汚染が社会問題となり、企業にとって大きなリスクになっています。
平成15年2月15日からは土壌汚染対策法が施行され法律の枠組みとして責任体制が明確になりました。

土壌汚染による企業が負うリスク

企業にとってはリスクマネジメントの一環として自社の保有する不動産や操業する事業所に潜在する土壌汚染のリスクを適正に把握しておくことが重要になっています。

ページの先頭へ

土壌汚染状況調査の目的

  1. 土壌汚染対策法による調査対象土壌
  2. 企業リスクマネジメントの一環としての土壌汚染状況把握
  3. 不動産鑑定のための土壌汚染調査

ページの先頭へ

土壌汚染対策法とは

土壌汚染の状況把握、土壌汚染による人の健康の防止に関する措置など、土壌汚染対策を実施することにより国民の健康の保護を図る目的で平成15年2月15日から法律が施行されます。

土壌汚染の状況調査

土壌汚染の状況調査が必要とされる土地として次の土地があげられます。

  • 特定有害物質を製造、使用した工場・事業所跡地
  • 健康被害のおそれがある土地

指定調査機関

土壌汚染状況調査は環境大臣の指定を受けた指定調査機関が行います。

ページの先頭へ

土壌汚染対策

土壌対策の流れ

土壌対策の流れ

ページの先頭へ

総合的なノウハウ・技術

土壌汚染対策を総合的にコンサルティングします。

  • 事前協議
  • 資料調査
  • 調査計画の策定
  • 調査結果の解析・評価
  • 調査報告書作成
  • 浄化計画・実施
  • 行政・住民説明

ページの先頭へ

関連するサービス

お問い合わせ先

03-6757-7100

お問い合わせフォームへ